ココロの窓口コラム

相談するとき知っておきたい心理カウンセリング知識

ダイレクトオンラインカウンセリング|ココロの窓口

トイプードル
愛する人との別れ 過去のストレス

ペットロスとは?
ペットを失った時の症状や対処法を解説

「何年も一緒に暮らしてきた愛犬が亡くなってしまって、悲しみから立ち直れない」「分かってはいたけど、愛するペットが死んでしまい悲しい」など、大切なペットを失った時には、深い悲しみやつらい気持ちを感じることがあるでしょう。

大切なペットを失った体験や、その時の悲しみなどの感情体験をペットロスといいます。

この記事では、ペットロスの症状や特徴、対処法などについて解説します。

目次

ペットロスとは?
■ ペットロスの症状
ペットロスへの対処法
どうしてもペットロスから立ち直れない時
まとめ

ペットロスとは?

飼っているペットを失った体験、その際に飼い主が感じる悲しみや嘆きのことを、ペットロスといいます。
死別以外にも、脱走などによりペットと別れてしまう場合にも、ペットロスという表現が使われることがあります。
通常、犬や猫など家庭で飼育される動物は人間よりも寿命が短いことが多く、ペットを飼う上では、愛するペットに先立たれることになります。

各動物の平均寿命や元々病気を患っていたなど事前にある程度覚悟ができるケースもあれば、事故や病気、脱走などで突然のお別れが来ることもあります。

いずれにしても、愛するペットは飼い主にとって大事な家族の一員。
家族がなくなった時に、深い悲しみを感じるのは当然の反応です。

ペットロスの症状

ペットロスの症状には、以下のようなものがあります。

● 悲しみやつらさを感じる
● ふとした時に涙が止まらなくなる
● いなくなったペットの姿が見えたような気がする
● 落ち着かない
● やるべきことに集中できない
● ぼーっとする

そのほかにも、身体的な症状として

● 食欲がわかない
● 眠れない
● 下痢や便秘などおなかの調子が悪い
● 吐き気
● 頭痛
● 肩こり
● 耳鳴り
● めまい
● じんましん

などさまざまな症状が現れることがあります。

ペットロスへの対処法

ペットロスの対処法として、重要なことは「ペットロスによる悲しみや後悔などの感情をしっかりと体験すること」です。
ペットロスへの対処法を考えるうえで、愛するペットを失ったことによるペットロスの反応は自然なものであると理解することも大切です。

ペットロスでは、まずペットを失ったショックに直面することになります。
飼い主には
「どうしてこんなに早く死んでしまうのか」
「あの時、自分がもっと早く気づいて病院に連れて行ってあげれば」
「あんなところに遊びに連れて行かなければよかった」
など、さまざまな感情や思いが浮かぶことでしょう。

こうした感情体験をさけてしまったり、無理に気づかないふりをしてしまうと、ペットロスが長引くなどのおそれがあります。
悲しむべき時に、しっかり悲しむこと、後悔すべき時にしっかりとその後悔の感情と向き合うことは、ペットロスを受け入れて行くうえで必要な過程です。

この過程をたどることで、徐々にペットを失った環境にも適応して行けるようになります。

霊園での供養、新しいペットを迎えることや、遺品の整理、親しい人とペットとの思い出やペットロスの悲しみを共有することなどもペットロスを受け入れて行く過程の中で、心境の変化をもたらすことがあります。

どうしてもペットロスから立ち直れない時

ペットロスから立ち直るまでの期間や日常生活にどの程度支障が出るかは人それぞれですが、なかなかペットロスから立ち直れず困っているという場合は、メンタルクリニックの受診やカウンセリングなどで心の専門家に相談してみましょう。
「どこに相談に行けばいいのかわからない」「ペットロスで病院に行くのは少し抵抗感がある」など難しさを感じる場合は、オンラインカウンセリングを利用するという方法もあります。
ココロの窓口のオンラインカウンセリングでは、自宅から好きな時に気軽に相談ができます。

まとめ

ペットロスによりどんな症状をどれくらい体験するかは、人それぞれです。
いずれにしても、愛する家族を失って悲しいのは当然の反応ともいえます。

まずは、ペットロスによって生じた感情としっかりと向き合ってみましょう。
しかし、現実的に生活に支障が出てしまったり、1人でなかなか気持ちが整理できないこともあるでしょう。

そうした場合には、メンタルクリニックの受診や、手軽なオンラインカウンセリングなどの利用も検討してみましょう。