ココロの窓口コラム

相談するとき知っておきたい心理カウンセリング知識

ダイレクトオンラインカウンセリング|ココロの窓口

家族が精神疾患
人間関係 家庭の人間関係

【保存版】家族が精神疾患になったときの5つの対応

近年メンタルヘルスへの注目が増しており、今では統合失調症、うつ病、適応障害、発達障害など精神疾患の認知度も高まっています。
そうはいっても、自分や家族のメンタルの不調はなかなか受け入れがたいもの。
そこで今回は、身近な人がメンタルの病気にかかった際の対応例を紹介します。
「家族のメンタル面のサポートをどうすればいいか分からない…」という不安から、サポートに回るあなた自身のメンタルの保ち方も紹介するので参考にしてみてください。

目次

家族がメンタルの病気になったら
①気の持ちようではなく精神疾患だと認めよう
②励ましではなく思いを聴こう
③1人で抱えず第三者に相談しよう
④家族会も利用してみよう
⑤自分がつらくなったら1人の時間もとろう
まとめ

家族がメンタルの病気になったら

いつも一緒に過ごす家族のメンタルが崩れたら、
「家族にどう接すればいいんだろう」
「自分の気分も落ちないか心配」
このような不安を感じる人は多いでしょう。
対応が分からずそのままにしてしまったり、家族もあなたに迷惑をかけたくなくて隠してしまったりすることもあります。
身体の不調は比較的見えやすいですが、メンタルの不調は見えづらいもの。
お互いの不安を解消してメンタルを保つためには、相手の様子を見て、普段と違和感があればまずは気づくことが大切です。
家族の違和感に気づいた上での対応を5つ解説するので、参考にしてみてください。

①気の持ちようではなく精神疾患だと認めよう

メンタルの違和感に気づいたら、気のせいではなく「病気かも?」という視点を持ちましょう。
以下のように、精神疾患を甘えや気の持ちよう、変な人と捉える人も残念ながら一定数います。
・うつ病は怠けているだけ
・統合失調症の人はおかしなことを言っているだけ
家族をこのように見てしまってはお互いが苦しくなってしまうので、心の病気を知り、認めることが大切です。
ただし、家族の中には精神疾患を受け入れることが難しい人もいるため、「~は病気だよ!」と理解を強要しないように気をつけましょう。

②励ましではなく思いを聴こう

家族のメンタルが不調だとつい励ましたくなりますが、安易に励ますと不調を悪化させる可能性があります。
家族が苦しそうにしていると感じたら、「どうしたの?」「何かあったなら聴くよ」と家族の思いを聴いてみてください。
話をしっかり聴くことで、家族も「ちゃんと聴いてもらえた」という安心感を得やすくなります。
身近な人の苦しい話を聴くことは自分にも大きな負担になるため、話を聴く時間を決めるなどして自分のメンタルも守りましょう。

③1人で抱えず第三者に相談しよう

家族のメンタルをどうにかしたいと真面目に責任を感じる人ほど、1人でどうにかしようと抱えやすい傾向があります。
中には、家族の精神疾患を知られたくない、どこに相談すればいいか分からないという人も。
メンタルの不調に向き合うとは、とてつもないエネルギーを要します。
1人で抱えた結果、支援者もうつ病になってしまうケースもあるため、家族の精神疾患は第三者へ相談するようにしましょう。
相談先は各自治体にもよりますが、以下のような場所があります。
・精神科、心療内科の病院・メンタルクリニック
・保健所、保健センター
・精神保健福祉センター
・職場の産業医 など

第三者に相談することで家族への専門的な対応もでき、自分の心のケアにもつながります

④家族会も利用してみよう

毎日関わる家族が精神疾患になると、対応する自分自身も悩ましい日々が続きがちに…。
家族会は、統合失調症やうつ病などの精神疾患の身内がいる家族同士で集まり、悩みの共有や対応を話し合う場です。
当事者の家族には言えない本音を吐き出すこともでき、家族を支援する側のメンタルケア効果があります。
家族会を探す場合は、全国精神保健福祉会連合会の『みんなねっと』で都道府県ごとに探せるため、興味のある人はご覧ください。

⑤自分がつらくなったら1人の時間もとろう

「大切な家族の不調だからこそ、同じ家族である自分がどうにかしないと…」
このようにプレッシャーを感じる人もいるかもしれませんが、自分のメンタルがつらく感じてまで家族と一緒に過ごし続ける必要はありません。
家族への対応には、あなたの心身の健康も必須。
遊びに出かけたり趣味に没頭したり、1人の時間を過ごすことも大切です。

まとめ

家族の精神疾患は、家族も自分も不安やつらさを感じるもの。
何をすればいいか分からない状態もまた苦しさを悪化させやすいため、

・精神疾患をまず認める
・家族の思いを可能な限りで聴く
・1人で抱えず第三者に相談する
・家族会も利用してみる
・自分がつらくなったら1人の時間もとって気分転換する

無理せず周りの助けも借りてみてくださいね。